注文住宅で夢を現実に

一生に一度に家は安曇野市の注文住宅で

街並み

マイホームは一生に一度の高価な買い物です。どうせなら、注文住宅で、自分だけのカスタマイズした家がほしいですよね。私も安曇野市に注文住宅で家を建てました。たまたま行った安曇野市の住宅展示場で、安曇野市のハウスメーカーアトリエプラスさんの家に一目惚れしてしまい、このメーカーさんで家を建てるために土地探しをしました。注文住宅は、本当に全部自分で決めることができます。楽しみはあるのですが、その分、打ち合わせの時間もかなり長く必要になってきます。まず、最初に決めるのは間取りです。私は、主人と私とそれぞれ書斎がほしかったので、それをメーカーさんに伝えたところ、幾つか案を出してくれました。その結果、私の書斎はキッチンとリビングの間のようなところに作ることになりました。これは非常に気に入っています。家事をするので、この場所に書斎があると非常に使い勝手がいいのです。また、子供部屋は、今は一つの部屋にしておいて、後々仕切れるように、壁を途中まで出してもらいました。このように注文住宅は自由です。自分がこうしたいというイメージをメーカーさんに伝えれば、自分では考えつかないような素敵な案を出してくれたりします。間取りのほかにも、屋根や外壁、家の中の壁も全部自分好みにすることができます。決めることは多くて大変ですが、自分だけの家ができれば、愛着も一段とわくと思います。

安曇野市に注文住宅で家を建てます

私は30代男性の会社員です。現在、安曇野市に住んでいますが、来年安曇野市に家を建てる予定です。いろいろな安曇野市の住宅展示場に行ったり、モデルルームも見に行きました。大手の住宅メーカーなども見ましたが、私たちは、地元の小さな工務店に頼むことにしました。会社自体は地元ではしっかりとしているので、アフターサービスについては問題ないと思っています。
そこに決めた一番の理由は、デザインの良さと本当の注文住宅という感じがするからです。大手のメーカーにも話を聞きましたが、標準のプランがあり、その中で少しずつ変えていくというプランばかりで、使っているものを変更したい場合には、プラスで料金が発生するところばかりでした。そのため、最初は安く提示された金額でも最後には結構な金額になっていると思っていました。
しかし、私たちが注文住宅をお願いする工務店は、一から考えてくれて予算の範囲内でやってくれるということでした。どうしたら安くすることができるかなどのアイデアも教えてくれました。例えば、床と壁の材料を一緒にすることで、材料費を安くすることができるとか、私たちの希望の間取りのここを工夫したら安くなるなどの提案をしてくれました。何よりも、すごく熱心で家を建てることが好きなのだということが感じられました。今はまだ注文住宅の図面を見ているところなのですが、完成が今から楽しみです。

夢のマイホームといえば安曇野市の注文住宅

夢のマイホームといえば注文住宅です。自分たちの好きなように部屋を作ることができ、快適に過ごすことができる、憧れのものだと思います。
結婚してから賃貸に住み、早々に安曇野市の住宅を探しました。マンションなども見ましたが、一番悩んだのは安曇野市の注文住宅です。土地から見に行ってもイメージが湧かないなと感じていたのですが、最初に建売を見てから行くととてもわかりやすく、設計図を見るとかなり現実感が増してきました。キッチンの仕様や玄関の扉など、細かい部分も自分たちで決められるなんて素敵だと感激していました。ただし、値段もそれ相応です。土地代プラス建物代となるとやはりかなりの金額でした。また、土地や建物それぞれに仲介手数料がかかっていること、建物を建てている間も土地代は支払っていかなければならないことなど、見積もってみると予想以上の金額でした。加えて建てている最中であっても固定資産税も発生するなど、知らなかったことが多くありました。そうすると中のオプションのランクを下げなければならなくなり、建売の方がやはりお得ではと思い、注文住宅は諦めました。
0から作り上げる安曇野市の注文住宅はかなり魅力的ですが、それだけの価値があるということを学びました。

二世帯の場合の注文住宅について

二世帯注文住宅を建てた経験があります。二世帯注文住宅は親世帯と子世帯のプランが異なることが多く、話し合いが必要なことがたくさん出てくることがありましたが、プランナーさんからのアドバイスを聞いて、両世帯で何度も話し合うことが良い結果を生むことになりました。また、子世帯もいずれ年齢を重ねることを頭に入れて、子世帯単独で使うエリアもバリアフリーなども最初から検討した方が後々良い結果を生むことになると思います。
また、将来の活用として家を賃貸できる場合もありますので、玄関の分離が可能であれば分離をお薦めします。ガス・水道・電気メーターなども分離しておくと良いかと思います。そうすれば公共料金の支払いも折半ではなく、使用した分を両世帯が支払うことも可能になります。壁紙など使う素材によって値段も変わってきますので、こだわりを少し緩めてみるのも必要なことに思いました。
親世帯と子世帯の生活時間が異なりますので、防音床を使うことも検討してみる余地はあると思います。実際に防音床を使用して良かったと思っています。収納も二世帯分となるとやや多くなるかと思いますので、メーカーさんに知恵を出していただいて生活スペースを狭めることなく空間収納などを検討してみるのも良いかと思います。拙い経験談でしたが、両世帯が笑顔で一緒に暮らして良かったと思える素敵な注文住宅が出来上がりますように。


マイホームをお考えなら安曇野市注文住宅にご相談ください。安曇野市は快適に過ごせる地域なので、家族みんなが笑顔になれます。ここで注文住宅を建てれば、日々の生活がかなり充実しますので、マイホームを検討しているなら一度チェックしてみることをおすすめいたします。

予算に応じた注文住宅

今、賃貸住宅にお住まいであれば、一度はマイホーム購入を考えたことがあるでしょう。マンション購入、分譲、中古物件、、色々ありますが、自分の好きなようにカスタマイズできるのはなん…

MORE

注文住宅は自由度が高いです

注文住宅の利点というと、やはり、自由度が高いということです。建売住宅などは、すでに、間取りなどは決まっています。そして、壁紙などのデザインも、自分で決めることができません。ま…

MORE

我が家のマイホームの失敗点教えます

7月中旬に注文住宅で夢のマイホームが完成し、住み始めて一カ月がたちました。ここで私が注文住宅において失敗した点をいくつか書かせて頂きます。まず一つ目。天井の高さが高い…

MORE

RECENT POSTS


TOP

Copyright © 2016 いろいろな安曇野市の住宅展示場を見に行き注文住宅を検討中 All Rights Reserved.